スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうして

今朝、信じがたいことが起こった。

確信していた就職が駄目になった。

試験に合格して、もう決まったと思っていたが、

今朝届いた、矯正管区からの封筒には

不採用の内容が記されていた。


公安職の仕事に就くため、予備校に通い

時間やお金や友達、大事な人を犠牲にしてまで

頑張ってきた。それなのに

なんて残酷なんだろう。

悔しくてたまらない。本当に悔しい。

欠員が出た場合、追加で面接や内定を出す場合がある。

でも、漏れたのは確かだ。

それが悔しい。本当に悔しい。

気持ちは既に、いつでも社会に出れる準備はしていた。

だからこそ、今朝の出来事は、寝耳に水だった。

どうしてこんなに辛いのかな。

とても、とても悔しい。

俺の人生を長い目で見れば、次またチャンスがあるよ!

と、言ってくれる。

でも俺は、すべてをかけて望んだ。

それでも駄目だった。

ただ、悔しい。今はそれだけしか出てこないや。

ほんと悔しい。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。