スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝?

世間では、メリークリスマス

今日は、私の22回目の誕生日です。

しかし、残念ながら論文作成のため
大学のゼミ室に朝からこもりっきりです。

来年の今頃は、学生時代を懐かしんでるんだろうな。
きっと、ノスタルジアチックになるんだろうな。
なんてことばかり考えてしまいます。

大学3年生から4年生と、怒涛のように時間が流れ
あっという間でした。
だから21歳から22歳になった今も
正直、実感がありません。

でも歴史は創られていくもの。
時間を失い、経験を得る。

そして来年は23歳。
そして、10年、20年と経っていくのだろう。

時間は待ってくれない。
人は皆、時間を失いながら、何かを得ている。
どんなに頑張っても、時間だけは失う。


今日という日を生き抜くと、明日が今日になる。
そして明後日も明々後日も、いずれは今日になる。
成長を続けながら、時間を失っていく。

きっと、どんなにもがいても
人間が完璧になることはない、そう言いたかったのかもしれない。

誕生日は特別な感じはしてません。
でも、22年前に自分が生まれたたしかな日であることには
間違いがない。

自分自身に誕生日おめでとう。
そう言ってあげようと思います。

スポンサーサイト

今、思うことprt2

私が、このblogを始めてから、もう1年以上が経った。
その間、私を取り巻く環境が目まぐるしく変わり
今、時間に追われながら、必死に生きている。

最初の日記はまだ予備校に通っている頃だった。
大学に通いながら、公務員を目指し、夜間予備校に通っていた日々。
まわりがどんなに遊んでいようと、机に向かっていたあの頃。
一生分の勉強時間にあてたぐらい1年半はあっという間の出来事だった。
警察に落ちた時、まわりの支えがあったから、もう一度立ち上がれた。
バイトの合間に、しまっておいた問題集を広げ、1日14時間以上は勉強してた。
きっとそんな努力があって、先の刑務官試験に合格できたと思う。
人生の選択で腹を決めて、人生をかけて向き合ってきたからこそ、今があると思える。
人生には、努力する時が必ずあるならば、同じ努力をいつするか?若いときにしたほうが、耐えられると思う。だから頑張った。合格通知が来たとき、この1年半が報われた気がした。


今は、最近始めた居酒屋の洗い場のバイトで、手が荒れて、腰が悲鳴をあげている。
体に鞭を打ち頑張っている。
カタギの世界でこんなに大変な世界があるんだって感じたやろ?
関西出身の店長の言葉、よくわかります。
でも3月までの短期で雇っていただいたので
最後までやり抜く覚悟はあります。

そして、卒論を完成させるために
知り合いの看護士に頼んで、医大の図書館に潜入し
文献を集めて、論文作成を行っている最中です。
バイトのせいで、論文書けないなんて、いいわけできないので。

人間、辛くても、やれるんです。
やらないのは自分の甘えなんです。
どうか、打ち勝ってほしい。
本当に、自分のためになるなら、犠牲を生じても
進んでほしい。
誰かさんへのメッセージ☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。